愛媛県四国中央市|和紙・産業用紙・衛生用紙・不織布の製造|会社概要|採用情報
株式会社トーヨ
お問い合わせ先   グループ会社
お電話でのお問い合わせ TEL:0896-58-3456
紙ができるまで
ホーム 会社概要 生産体制 製品紹介 採用情報 お問い合わせ先 ネットショッピング 不織布・機能素材
紙ができるまで 不織布ができるまで 生産設備 研究開発・品質改善  
  ホーム > 生産体制 > 紙ができるまで
紙ができるまでの流れ
原料工程(古紙パルプ)
  古紙 パルパー フローテーター スクリーン デッカー ストック
 
古紙(原料) パルパー フローテーター スクリーン デッカー ストック
古紙に水と薬品を加え、
撹拌します。 すると、古紙は
ドロドロになり、同時に印刷
されたインクがはがれて
きます。
泡を出して、その泡に
はがれたインクをくっつけて
浮上させ、除去します。
古紙に混ざった異物を除去
します。
古紙の汚れを洗い落とし
ます。
完成した古紙原料を貯蔵し、抄紙機へ送ります。
 
抄紙工程
 
古紙
パルプ
薬品添加 濃度調整 抄紙工程(ウェットクレープ/ドライクレープ) 巻取り 原紙保管  
抄紙機

抄紙機
 
ドライクレープ   ウェットクレープ
「巻き取りの回転速度」<「ドライヤー
パートまでの回転速度」として、ドライヤーに刃を当てて紙を削り取ります。
そうすると、上図のように紙にクレープ
(しわ)が出来、軟らかい紙になります。
乾燥した後しわを付けるので「ドライクレープ」です。ティッシュペーパーやトイレットペーパーは、この製法で作ります。 
 
「プレスまでの回転速度」 >「ドライヤーパート以降の回転速度」として、プレス
ロールに刃を当てて紙を削り取ります。
そうすると、上図のように湿紙にクレープ
(しわ)が出来、表面積の多い紙に
なります。
湿紙の状態でしわを付けるので「ウェットクレープ」です。ペーパータオル等は、
この製法で作ります。
 
 ワイヤーパート 希釈した原料をワイヤー上に流します。ここで紙の地合(紙のむら具合)を整えます。
 フェルトパート フェルトとは毛布のこと。湿った弱い紙を次工程へ移送するのに使われます。
 プレスパート ロールに圧をかけて一気に絞ります。圧のかけ具合で紙の厚さが変わってきます。
 ドライヤーパート 110-150℃のドライヤーで紙を乾燥させます。温度が低すぎると未乾燥になり、高すぎると過乾燥になって凸凹の紙になってしまいます。
 
  巻取り   原紙保管
  こうして出来た紙をロールに
巻き取っていきます。
(当社の場合ですが)直径は2m。
重量は700kgぐらいになります。
  原紙を積んで保管しておき、
加工場所へ移動します。
高さは身長の3倍以上になります。
 
 
トイレットペーパー加工、ペーパータオル加工
生産された原紙の一部は、グループ会社である春日工業 株式会社に運ばれ、 トイレットペーパーやペーパータオルへと加工されます。
春日工業 株式会社の加工設備は コチラ (春日工業のページへリンクします)
Copyright 2008 TOYO PAPER MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved. ホーム会社概要生産体制製品紹介採用情報お問い合わせ先
  愛媛県四国中央市|和紙・産業用紙・衛生用紙・不織布の製造|会社概要|採用情報
   
ウェットクレープ ドライクレープ 抄紙機